インターネット講座


平成15年度 ふるさとおもしろ講座-遍路のこころ-
現代のお遍路さんに光を当てて、地域の人々との交流など、様々な観点から現代に
息づく遍路文化を紹介します。


 四国で生まれ、長い歴史の中で培われてきた遍路文化は、世界的な文化遺産として価値のあるものとされています。この遍路文化が四国で生まれ、多くの人々に受け継がれてきたのはなぜでしょうか。人々がいまなお遍路に魅せられるのはなぜでしょうか。一体、四国特有の遍路文化とはなんでしょうか。これらの疑問を解明し、さらにこの遍路文化を広く内外に発信し、普及するため、当センターでは、平成12年度より3年計画で「遍路文化の学術整理」を行いました。
 本年度の講座では、「遍路のこころ」というテーマのもと、現代に息づく遍路文化に焦点を当て、遍路文化にかかわる風習・遍路文化の伝播・遍路文化の保存と活用の試み・遍路にかかわる人々の意識といった、遍路文化の諸相について考察します。
四国遍路マップ
 
内容(テーマ)
講 師
1
接待の風習
-遍路と接待、さまざまな接待-
センター教育専門員
 井原 恒久
2
遍路の宿と交流(1)
-宿の変遷-
センター研究員
 赤松 環
3
遍路の宿と交流(2)
-遍路の宿-
センター研究員
 高石 勤
4
遍路にまつわる人と文化の交流
-人の交流、文化の伝播-
センター研究員
 田口 直利
5
新四国八十八ヶ所
-新四国のおこり、愛媛県の新四国、小豆島島四国-
元センター研究員
 室家 俊文
6
遍路道の整備と活用
-遍路道の整備、遍路道の活用-
センター研究員
 亀岡 佳章
7
遍路資料の保存と情報の発信
-遍路資料の保存、遍路情報の発信-
センター教育専門員
 尾藤 義久
8
現代の遍路意識
-現代の遍路諸相と遍路びとの思い、若者の遍路意識と遍路体験-
元センター研究員
 高井 秀和

遍路のこころ(平成14年度 遍路文化の学術整理報告書)
遍路のこころ 概要

RealPlayerホームページへ本講座には、RealPlayer™を使用して受講するコンテツがございます。まだお持ちでない方は左記アイコンをクリックし、RealPlayer™をダウンロードして下さい。
また、インストール(Set up)方法がよくわからない方は、こちらのサイトをご参照ください。


Let's enjoy learning
愛媛県生涯学習センター振興課:TEL 089-963-2111(内線115)
掲載情報の無断転載を禁じます。